Archive for 2月, 2009

劇的ビフォーアフター

土曜日, 2月 28th, 2009

昨日はとても嬉しいことがありました。

ある患者さん(Aさん)の治療が約2年の歳月を経てようやく終わったのです。

 

先日“交通事故での外傷”の話をしましたが、

Aさんも事故で前歯を2本失った患者さんです。

しかも新婚旅行先(海外)での事故という、

あまりにもかわいそうな事故でした。

 もともと前歯に凸凹があったので、

“矯正も絡めた治療をしないときれいにならない”

と前の先生から言われたようで、ほほえみに来院されたのです。

 1.JPG
 ・・・こんな状態でした・・・

 

 

 

Aさんは笑顔の素敵な大人の女性です。

いつもAさんが治療に来られると、

その笑顔で病院が明るくなるのです。

 

・・・なんとかしたい。

 

絶対きれいに治したかったので、

一番信頼のできる友達(歯医者)と相談しながら、

自分が得意な矯正を担当し、

インプラントを友達に担当してもらい、

治療を開始しました。

 

当初は半年、長くても1年弱くらいと見込んでいたのですが・・・

予想外に矯正に時間がかかったため2年もかかってしまいました。

 

 

 

そして昨日ようやく治療を終えたのです。

2.JPG
すごいでしょう。

 

友達のささだ先生、技工士さん、

そして何より2年も治療に頑張ってくれたAさんの協力の賜物です。

“みんなの魂の入った作品”だと私は思います。

 

 

 

Aさんの笑顔は2年もの月日を経て、さらに輝きを増しました。

 歯医者としてこんなにうれしいことはありません。

Aさん、これからも“自慢の作品”で、たくさんみんなに笑顔を振りまいてください。

 

ホントに長い治療をがんばってくれてありがとうございます。 

 

ハンギング

火曜日, 2月 17th, 2009

この前の日曜日、業者に頼んで花壇の手入れをしてもらいました。

 

休みの日にちょくちょく花を入れ替えてたんですが、

素人の自分がやってもカッコつかなくなったので、業者にお願いしたのです。

 

 

 

さすがに“プロ”の仕事は違います。

1週間前から打ち合わせをしてたのですが、

アバウトな花壇のイメージを伝えると、

想像以上にあか抜けた花壇のスケッチを描いてくれました。

 

・・・ホントにこげんなるとかいな?

 

そんな疑問と期待の中でようやく着工となったのです。

 

 

 

クレーン付のトラックで登場したかと思うと、

かわいい石のライオンや飾りのブロックを配置し、

土を掘り起こして腐葉土?を混ぜ、

既存の木・花もうまく使って植え込んでいきます。

 

徐々に姿を変えていく花壇を見ていると、

モノ作りが好きな私はじわじわと創作意欲が湧いてきて、

手に持っているガーデニングの本をめくっていると、

きれいな“ハンギング”に目がとまりました。

 

“よし、俺はこれを作ろう!”

 

そしてその足でホームセンターに買出しに出かけ、

お仕事中の“プロ”にもアドバイスをもらいながら、完成しました。

200902160942000.jpg
どうですか。この出来栄え。

妻、子どもにも好評でした。

次の日スタッフに自慢したのはいうまでもありません。

 

 

 

今度花壇の花が満開になったら写真をアップしますね。

どうして?

土曜日, 2月 14th, 2009

夕方の診療中、開業当初からほほえみに来てくれている“Kくん”のお母さんから電話がありました。

かなり切迫した様子で、

 

“事故で前歯が抜けてるんです!どうしたらいいんでしょう?”

 

・・・突然で状況が把握できなかったんですが、

すぐに来てもらうよう伝え待つこと30分、

雨でずぶぬれになったKくんが口をおさえてやってきました。

 

・・・2本ない・・・

 

“お母さん、探してきてください!”

 

スタッフと事故現場に急行してもらい、なんとか1本みつけて処置開始。

 

 

 

せっかくきれいに生えてきた前歯なのに・・・

こどもの外傷の治療は、不憫でたまりません。

お母さんのショックも計り知れません。

 

 

 

つらい治療をK君は頑張ってくれました。

歯の処置を終えると、全身の検査をしてもらうために直ぐに病院に行ってもらいました。

 

 

急を要する出来事だったので、お母さんとゆっくり話もできなかったのですが、

後からスタッフから聞くと、バイクにひき逃げされたようです・・・

 

信じられない!

 

目撃証言によると、おばちゃんの運転するバイクだったようです。

親の気持ち、わからない訳ないでしょう。

 

 

K君、歯は先生がビシッと治すからね。

他にも怪我がなければいいけど・・・心配です。

後継ぎ息子

火曜日, 2月 3rd, 2009

子は親の背中を見て育つといいますが、

我が家の息子もしっかり親父の背中を見ていたようです。

 

 

日曜日は朝から夕方まで講習会に行ってたので、

子どもの相手ができなかったのですが、

帰って玄関に入るとビックリ!

私の大好きな“アサリ”があるじゃないですか!

 

 

このくそ寒い2月の海でアサリを採るバカは、

漁師か自分しかいないと思っていましたが、

こんな身近にもう1人職人がいたなんて・・・

 

 

 妻に聞くと30分くらいでこれだけの量をとったらしいです。

恐るべし、ちびっ子職人!

妻からすると風邪ひかないか心配だったようですが、

 “親方”にとっては寒空の中での息子の仕事に感動で涙が・・・

・・・出ませんが、嬉しい限りです。

 

 

 

今日は帰って息子の採ったアサリで貝汁かな?

200902011852001.jpg
もうちょい暖かくなったら、一緒に採りに行こうね。

 

 

本職の背中もいつか見てね。